うつ伏せが育乳に与える影響

うつ伏せは育乳にどんな影響を与えるのか

うつ伏せ,育乳,影響

 

育乳を目指している人にとっては、うつ伏せは良くありません。

 

うつ伏せが良くない理由として一番に挙げられるのは、自分の体重でバストを圧迫してしまうからです。圧迫することで、育乳にどういった悪影響を及ぼしてしまうかと言うと、まずは「血行が悪くなること」です。圧迫によってバストの血流やリンパの流れを悪くして、育乳に悪影響を与えてしまいます。

 

次に「形が悪くなること」です。うつ伏せを毎日続けてしまうことで、バストの形がぺターンと横に流れた形になってしまいやすくなったり、下垂したりしてしまいます。うつ伏せを続けることはバストの形をどんどん悪くしてしまいます。よって、育乳に悪影響を与えてしまいます。

 

以上より、うつ伏せはバストの形を崩したり、バストの血行が悪くなるといった、バストアップを妨げてしまうので、育乳効果を十分に発揮できないことが分かります。うつ伏せは、バストにとって悪影響を及ぼしてしまうことなので、できるだけうつ伏せをしないようにし、バストの形を崩さないようにすることが育乳効果を引き出すためには大切なことです。

 

バストを圧迫してしてしまううつ伏せを減らしていくことが、育乳のために必要なことであると言えます。

寝ながら胸を育てられる…?

うつ伏せ,育乳,影響

 

成長には睡眠は欠かせません。それは胸だって同じはずですが、眠るときの環境や姿勢などで、育ち方に差が出る可能性があります。

 

まずは下着の問題について考えましょう。日常的につけているワイヤー入りのブラジャーをすると、締め付けがあり成長を滞らせてしまいます。ですので、日常的につけているものを付けたまま寝るのは好ましくありません。ですが、外してノーブラジャーで寝るのもオススメできません。

 

ノーブラジャーでは胸の脂肪が流れてしまいます。形が悪くなったり垂れたりする原因になりますし、脂肪流れてしまうということは胸が大きくなるどころか小さくなってしまうかもしれません。そこでおすすめはナイトブラです。

 

様々なものが売りだされていますが、自分のサイズにあったものを探しましょう。形が綺麗になりますし、保温性が高いので結構が良くなります。また、ワイヤーやホックがないので寝返りで硬いものが当たるストレスがゼロになり睡眠の質も上がります。

 

続いて寝るときの姿勢や向きです。ベストは仰向けです。横向きで寝る場合は左右の胸のバランスが悪くならないよう毎日同じ向きにならないようには気を遣いましょう。たまには両手を上に挙げて寝るのもいいそうですよ!

 

睡眠時間も効率的に使って胸を育てていきましょう!

育乳するには正しい姿勢が不可欠!

うつ伏せ,育乳,影響

 

夏が近づき、薄着をする機会が増えてくると、体のラインが出る服装だと、貧乳に悩んでいる皆さんはどうしても自分のバストがどう見られているか気になりますよね。バストアップしたい!と思い、サプリや食事に気を遣って育乳生活をしていても、思った効果が得られないという方、実は自分の姿勢に問題があるのかもしれません。

 

座っていても立っていても、背筋がびしっと伸びた状態でないと、胸には良くないのですよ。ではどうして、育乳には正しい姿勢が不可欠なのでしょうか?デスクワークをしているとき、またはのんびりテレビを見ているとき、気が付くと猫背になっているという方は多いと思います。

 

猫背が胸を圧迫し、健康によくないということは皆さんご存知だと思いますが、実は育乳にもとてもよくないのです。猫背になると、前かがみになり肺やその他の臓器を圧迫するだけでなく、胸部の血流も圧迫されます。
胸の血流が悪くなると、胸が発達するのに必要な栄養分が十分に届かなくなるのです。さらに猫背になると呼吸が浅くなり、ますます血流が不足するという悪循環を引き起こします。また、猫背の状態が長引くと、胸部の筋肉が次第に衰え、胸が垂れやすくなります。

 

胸は脂肪の塊です。それを支える筋肉がしっかりしていなければ、上向きのきれいな形のバストを保つことはできないのですが、土台となる筋肉が衰えてしまっては、いくら食生活などに気を遣っても意味がありませんね。

 

正しい姿勢を保ち、十分な血流をいつも確保していることが、育乳にはどうしても必要なのです。女性は男性に比べて筋肉量が少なく、どうしても猫背になりやすいですが、筋トレなどをすれば女性にもそれなりに筋肉はつきます。

 

有効なのは背筋や、胸筋を鍛えることです。ジムなどに行くのもいいですし、ヨガをするのもいいでしょう。太極拳なども、背筋をはじめ全身の筋肉を緩やかに鍛えてくれるので有効ですし、総合的に健康をアップしてくれるのでお勧めです。

 

育乳のためには、まず健康的な体作りを考えなければいけません。自分の姿勢がどうなっているかな?と常にチェックし、猫背にならないよう気をつけましょう。

筋肉を鍛えて育乳をする

うつ伏せ,育乳,影響

 

育乳をするのに綺麗なバストを作るには、食事をバストに良いものに絞って制限するよりも、トレーニングを行って胸の筋肉を鍛えるのが簡単です。バストは大胸筋という筋肉で支えられているので、大胸筋を鍛える事が大切です。

 

大胸筋を鍛えるトレーニング方法について紹介します。まずは、両手を肩の高さまで横に開いて息を吸いながらゆっくりと正面に拳をくっ付けます。息を吐きながら10から15秒間力を加えて、両手を横に戻していきます。

 

慣れてきたら育乳トレーニングの1つである、腕立て伏せも行うようにすると良いです。うつ伏せに寝転がって、両手を肩幅より小さく地面に付けていきます。膝を付けて息を吸いながらゆっくりと地面を押すように起き上がり、脇に力を集中させて息を吐きながらゆっくりと肘を曲げていきます。

 

これを10回程度、繰り返して行います。

 

また、大胸筋と共に乳腺のハリを作るなら、小胸筋も同時にトレーニングするのがお勧めです。ダンベルの代わりに500ミリリットルから1リットルのペットボトルを利用して、ペットボトルに水を入れて両手に持って仰向けに寝そべります。

 

手が頭の横にくるように肘を90度に曲げて、頭を組むような姿勢をとります。息をゆっくりと吸いながら胸の下辺りで、肘同士を付けるようにして寄せます。そして、息を吐きながら、肘を地面に戻していきます。

高校生向けのバストアップ方法とは?

うつ伏せ,育乳,影響

 

高校生でバストアップをしたいと思っている人は多いと言われています。ですが、高校生が大人と同じようなバストアップ方法を行ってしまうと、成長の妨げとなってしまう場合がありますので、高校生に合ったバストアップ方法を行うことが大切です。

 

高校生に合ったバストアップ方法として、まず「睡眠をしっかりとること」が挙げられます。バストアップには睡眠時間を確保することが重要です。ぐっすりと眠り、深い眠りにつくことで、バストアップに欠かせない女性ホルモンが沢山分泌されるので、バストアップ効果が期待できるのです。

 

特に思春期から25歳くらいまでは、女性ホルモンの分泌が盛んな時期なので、高校生の時期にしっかり睡眠をとることは、バストアップ効果をより高めることにもつながるのです。

 

次に「ナイトブラ」と呼ばれる寝るとき専用のブラジャーを装着することも、バストアップに効果的です。寝るときの姿勢でバストが垂れてしまったり、形が崩れてしまったりする原因となります。特にうつ伏せや横向きの姿勢だと、バストが つぶれたり、横に流れてバストが垂れてしまいます。

 

そこで、横向きでもうつ伏せで寝てもバストをしっかりホールドしてくれるナイトブラが役立つのです。胸の形が綺麗な状態のまま寝ることが出来るので、胸の形が美しくバストアップを目指すならナイトブラを装着して寝るのが良いのです。

 

そして「1日3食バランスの良い食事をとる」ことも高校生向けのバストアップ方法なのです。食生活が乱れてしまうと、女性ホルモンの働きを阻害してしまいます。お菓子やレトルト食品をなるべく減らして、栄養バランスの良い食生活を意識します。

 

特に、バストアップ効果が期待できる大豆製品を積極的に食べると良いです。

 

以上より、高校生のバストアップに大切なのは、睡眠時間と睡眠時のバストを守ること、栄養バランスの良い食習慣であると言えます。

LUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントのご購入はこちら!トップページへ胸が小さくて悩んでいる方や女性らしいメリハリボディを手に入れたい方は、トップページでLUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントの詳細をチェックしてみてください^^