アルコールが育乳効果に与える影響

アルコールは育乳効果にどう影響するのか

アルコール,育乳,効果,影響

 

育乳を目指している人の中にはアルコールが好きな人もいると思いますが、実はアルコールはバストアップや育乳の妨げとなってしまいます。

 

バストアップに必要な栄養を蓄えたエストロゲンと言われる女性ホルモンが生成されなくなってしまいます。代謝されないエストロゲンは栄養がないので、どんなに乳腺を刺激しても、乳腺は反応せずバストアップや育乳にはつながらないのです。

 

ですが、アルコールを全く断つのは厳しいという人もいます。

 

アルコールを1滴でも飲んだから、育乳に悪影響が及ぼしてしまうのかと言うとそうではなく、アルコール摂取量が過度にならなければ摂取しても問題ありません。要は、飲みすぎや過剰摂取に気をつけていれば、無理に断酒することはないということです。

 

アルコールの適正量を知ることで、育乳効果が期待できるエストロゲンを邪魔せずに済みます。適性量の目安として、ビール1本、日本酒1合、ワイン3分の1本、ウイスキー水割りシングル2杯、焼酎のお湯割り110mlと言われています。

 

適正量を守ることと同時に、お酒を飲まない日を作ることも育乳効果を引き出す上で大切なことです。最近ではノンアルコール飲料も進化をしているので、アルコールがないことへの物足りなさを補ってくれます。

 

アルコールが育乳の妨げになっていることは事実ですが、適正量を守ったり、お酒を飲まない日を作る等で上手く付き合いさえすれば、アルコールと育乳の両立は可能と言えます。

育乳に良い生活習慣とは「体を温めること」

アルコール,育乳,効果,影響

 

育乳を目指しているなら、生活習慣を見直すことが効果的です。

 

バストアップに良い生活習慣としてまず、身体の冷えをとることです。入浴する温度を調整する等、身近な習慣を見直すだけでもバストアップに繋がるので、今からでも取り入れられる方法です。

 

入浴する際は、40度ほどのお湯にゆっくり浸かります。バストを温めることで育乳効果は上がります。入浴時間はじわっと汗が出るくらいの長さが理想的です。

 

基礎体温を上げることも身体を温めることに効果的です。腹巻やレッグウォーマーなどを活用してお腹周りと足首を温める習慣をつけることで、体温が低くならないような習慣を生活の中で入れていくことが育乳に大切です。

 

36.5度から37度が育乳に欠かせない女性ホルモンを分泌する最良な体温と言われています。

 

そして、体を冷やす飲み物を摂らないようにすることも身体を温める上で大切です。冷たいものを好んで飲む人は冷えを持っている人が多いです。冷水を止めて常温のものにしたり、アルコールもお湯割りやホットワインなどにするといった詰めたい飲み物を摂ることを減らしていくだけでも効果があります。

 

よって、育乳を促す生活習慣として「身体を温めること」は、今すぐにでも見直せる生活習慣なので、体を冷やさないように飲み物や入浴時の習慣を工夫することで育乳につなげることができます。

LUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントのご購入はこちら!トップページへ胸が小さくて悩んでいる方や女性らしいメリハリボディを手に入れたい方は、トップページでLUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントの詳細をチェックしてみてください^^