耳ツボを刺激するバストアップ方法

耳ツボを刺激してバストアップする

耳ツボ,バストアップ

 

バストをアップする方法には、耳ツボを刺激する方法があります。耳ツボには耳の内側に150で外側に50で、合わせて200もツボが存在します。その中で胸を大きくするツボは、内分泌と言うツボです。効果はホルモンの内分泌系の乱れを正してくれるツボで、ホルモンのバランスを治してくれるため胸が大きくなります。

 

ホルモンのバランスが整う事で、生理不順や不妊の治療にも役立ちます。更に新陳代謝が上がったり、保湿作用があります。最近では耳ツボマッサージのお店も出てきていて、人気が高まっています。バストアップには、直接ホルモンのバランスが整うと大きくなるわけではないがマッサージを行うのは良い事です。

 

やり方は簡単に言うと、押してこすって揉んで引っ張る事です。力加減は自分で気持ちが良いと感じる程度で、力を入れ過ぎないように気を付けます。時間は1回に3分くらいが目安で、これ以上行うと刺激が強くなります。なるべくなら毎日習慣にすると良いが、中には面倒な人もいるはずです。

 

面倒な人は耳ツボジュエリーをするのも1つの方法で、耳に貼るジュエリーがあります。耳に貼るだけで耳ツボを刺激する事が出来て、見た目もお洒落なため一石二鳥です。

胸肉を付けてバストアップする

耳ツボ,バストアップ

 

バストは脂肪が9割で、乳腺が1割で出来ています。そのため胸に脂肪を付ける事で、大きくする事が出来ます。しかし胸の下には大胸筋と言う筋肉があり、これによってバストは支えられています。そのために、バストを大きくするには大胸筋を鍛えないと脂肪だけを増やしても垂れ下がったりします。

 

見た目の悪いバストになっていしまい、折角大きくなっても大きく見えなくなってしまいます。大胸筋を鍛える方法には、1番身近な方法として腕立て伏せがあります。腕立て伏せを行うと大胸筋が鍛えられ、バストアップする事が出来ます。

 

しかし女性の場合、きちんとしたフォームで行うと出来ない人もいます。その場合には、床に膝を付いて行うときちんと鍛えられます。フォームがきちんとしていないと、折角鍛えても腕だけが鍛えられバストアップが出来ないです。膝を付いて10回行った時に、少しキツイと感じる場合はそのまま続けます。

 

軽く出来る人は膝を付かずに行い、膝を付いて行った場合は慣れてきたら膝を付かずに行って負荷を強くしていきます。もっと簡単に鍛える方法には、合掌のポーズがあります。両手を合わせて肘を張って、肘を肩の高さまで上げます。これを5秒間保つだけで、いつでもどこでもバストアップ出来ます。

恋愛をしてバストアップする

耳ツボ,バストアップ

 

恋愛をするとバストアップすると聞きますが、実際には本当に胸が大きくなります。それは女性ホルモンが刺激されるためで、女性ホルモンで満たされると魅力的な身体になります。恋愛すると胸がドキドキしてそれが脳に伝わり、その中にある視床下部に伝わります。

 

視床下部は自律神経の調整を行ってくれる機関のため、様々なホルモンを管理してくれます。そのため、性腺刺激ホルモン等を分泌する命令を出してくれてます。性腺刺激ホルモンが分泌されると、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが分泌されます。

 

バストアップするためには、欠かせないホルモンです。これが恋愛をすると、バストアップになる理由の1つです。今恋愛している人は、恋心で自分を満たすようにします。ドキドキするだけで女性ホルモンが分泌されます。好きな人とスキンシップをする事で、ドキドキするようになります。

 

もしも相手が居ない人は、架空の恋でも胸を大きくなります。恋愛小説や漫画を読む事で、それだけでもドキドキしていきます。また夢中になれる趣味を見つける事で、好きな事を行っている時はドキドキしたりワクワクするためバストアップに効果があります。

 

そのため、好きな事に集中すると良いです。

肋骨を動かしてバストアップする

耳ツボ,バストアップ

 

バストアップをするために様々な運動や食事改善を行っても効果がない人もいます。その場合は、肋骨が埋もれていたり開いていたりする場合もあります。肋骨は大胸筋と脂肪の下にあるため、上から押しても位置を確認する事は出来ないです。

 

しかし、身体側やアンダーバストの下から触っていくと分かります。触った時に肋骨が骨盤に近い位置にあると、位置が下がっている可能性があります。肋骨は呼吸をする時に重要になるもので、肺を圧迫してしまうと酸素が効率的に取り込めなくなります。

 

バストの細胞は代謝を繰り返す事で成長するため、酸素が足りないと成長はしないです。バストアップには呼吸は欠かせないため、呼吸をサポートする肋骨もバストアップには欠かせないです。肋骨の位置をただす事で、バストの土台を作ってくれます。

 

肋骨が開いてしまうと、大胸筋の位置も本来の位置から変わってしまいます。垂れたバストになったりして、形の悪いバストになってしまいます。正しい位置にするには、背筋を伸ばす事です。姿勢が悪い事が原因で、肋骨の位置がずれる事が多いです。

 

このため、普段から姿勢を心掛ける事により正しい位置に戻るようになります。重心が後ろに傾いていると肋骨が開いてしまうため、反り越しになっていないか注意することが必要です。

LUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントのご購入はこちら!トップページへ胸が小さくて悩んでいる方や女性らしいメリハリボディを手に入れたい方は、トップページでLUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントの詳細をチェックしてみてください^^